姿なきを見つめ

 声なき声を聞く
Scroll
トピックス(2022年08月27日更新)
  • 2022年秋の特別公開・自分供養は、10月1日(土)から12月11日(日)まで実施いたします。
  • 10月1日(土)から10月15(土)までの2週間は特別に、修復を終え現代によみがえった室町後期の不動明王二童子像(掛軸)を初公開いたします。
  • 雑誌掲載のお知らせ
    ライフスタイル誌『GOETHE[ゲーテ]』11月号(9月25日発売)に慈受院門跡が掲載されることになりました。よろしければ書店にてご覧くださいませ。

特別公開・自分供養のご予約はこちら

ご挨拶

この度は慈受院のサイトへお越しいただき誠にありがとうございます。

当寺は門跡寺院であることから、今日まで永く非公開を貫き、皆様方とは中々ご縁がございませんでしたが、この混迷の時代、皆様方にとって、少しでも心のよりどころ、やすらぎの場となるようなお手伝いができないかという切なる願いから、令和四年春より公開させて頂く運びとなりました。

慈受院にご来寺いただいた皆様には御神仏と向き合い、自己と向き合い、静かなひと時のなかでなにか少しでも心で感じていただけるものがあれば嬉しく思います。

慈受院門跡 第二十二世門跡 梶 好寿

慈受院門跡|春と秋の年二回完全予約制の特別公開

秋の特別公開

10月1日(土)から12月11日(日)まで実施いたします。

慈受院 秋の特別公開について

慈受院門跡について 【自分供養】の慈受院門跡について

慈受院門跡について

慈受院の四季折々 自分で自分を慈しみ供養をする慈受院の四季折々

四季折々

季節ごとに表情を変える草花や
 慈受院内の写真をご覧いただけます

みなさまへご協力のお願い

慈受院では静かな空間・時間をお過ごしいただくために、電話でのお問い合わせ・受付対応は差し控えております。
恐れ入りますが詳細はよくある質問をご覧くださいませ

アクセス

慈受院門跡

〒602-0072
京都市上京区堀川寺之内上ル百々町540

ホームページ
https://jijuin.jp

インスタグラム
jijuin_official

アクセス
堀川通を北に向かって進んでいただくと右手に「慈受院門跡」「薄雲御所」の石柱と、「源氏物語ゆかりの寺院」の看板がございます。

手前が駐車場になっておりますが、その奥が当寺の入り口でございます。

京都市バス 「堀川寺ノ内」より徒歩2分
地下鉄烏丸線 「今出川駅」より徒歩15分

アクセス
堀川通を北に向かって進んでいただくと右手に「慈受院門跡」「薄雲御所」の石柱と、「源氏物語ゆかりの寺院」の看板がございます。

手前が駐車場になっておりますが、その奥が当寺の入り口でございます。

京都市バス 「堀川寺ノ内」より徒歩2分
地下鉄烏丸線 「今出川駅」より徒歩15分

駐車場
当院にはお客様専用駐車場はございません。
お車の場合は、近隣のコインパーキングをご利用いただくか、
できれば公共交通機関やタクシーなどでお越しいただくことをおすすめいたします。